毎日がエブリデイ>> 国道の県境>> 思い出の県境


思い出の県境

'02.01.03更新
 このページでは特に印象に残った県境を紹介します。


国道279号(国道338号重複) 北海道青森県境 東日本フェリー

01020110 01020111 01020100 01020101 「いきなり道ちゃうやん。」
「失礼な。これでもれっきとした国道やぞ。」
「へえ。」
「どっちかが大間港で、どっちかが函館港や。ほんで、北海道と本州を結ぶ唯一の国道フェリーや。 R280の三厩福島航路もあったけど、そっちは休航中。」
「じゃあ、そっちが復活したら?」
「もろちん、撮りにいかなあかん。」
(2002/1/4)

国道303号(国道367号重複) 滋賀県福井県境

18250500 18250510 「この県境に初めて行ってのは、忘れもしない、、、いつやったかなあ」
「またそういう基本的な」
「まあ、とにかく、夜や」
「写真、どうみても昼やぞ」
「写真は後で撮りなおしたやつやって。で、そりゃもうひどい道で、まちがっても夜に集団で通るような道、 ましてやバイクなんかで」
「行ったんかいな」
「それは言われへん。で、しかも途中で通行止め。」
「行かれへんやん」
「いや、それがやなあ、その先はここでは言えんな。まあ、とにかくこの県境は、新しくできたトンネルとあわせると 4〜5回は行ってるなあ。トンネルできるまではいつ行っても通られへんかったし。トンネルで抜けてしまえるように なってもうたらおもんないなあ」
(2002/1/4)

国道49号 福島県新潟県境 鳥井峠

07150510 07150500 「ここも、近くに住んでたこともあって、何回か行ったなあ。」
「何しに行ってん。」
「県境見に。ここが県境活動の原点かもしれんなあ。」
「近くって、どれぐらいやねん」
「片道80kmぐらいかなあ。当時はまあ、ひまやったし。」
「今もいっしょやんけ。」
「おっしゃるとおりで。」
(2002/1/22)

国道7号 秋田県青森県境 矢立峠

02050800 02050810 「ここも、懐かしいということで。昔ここを越えた時は、えらい遠くに来たなあ、と感じたもんや。 その時は、そのまま勢い余って大間崎までいってしまったけど。このとき、写真をとった時も 雰囲気が変ってなくて、妙にうれしかったなあ。」
「何しにいったんや」
「忘れた。なんか、とにかくどこかに行こうっちゅうことやったと思う。クリスマス前だったのは 覚えてる。軽四に4人乗って行ったなあ。」
「ようそんなんについてくるやつおったなあ。」
「だまして、っちゅうか、拉致して連れて行ったような気がする。ここまで来たときには みんなあきらめてたような。」
(2002/1/22)

国道の県境 毎日がエブリデイ


e-mail:eburi@road.jp
24872